home : sitemap : links : contact

就職アドバイザー

キャリアセンターでは、経験豊かな3人の専任の就職アドバイザーが、進路相談から企業情報の収集の仕方、自己PRや志望動機を中心とした履歴書の書き方、受験する企業に焦点を合わせた面接や入退室のマナーに至るまで、親身になって支援を行っています。


 

中園 幹也

 県庁生活の37年間で20部署に勤務した経験を生かし、主に公務員試験対策を担当します。就職試験では、民間も公務員も面接が重視される傾向にあります。面接ではその人の素がでるため予め自己分析をするなどしっかりと準備することが必要です。併せて面接カードやESも推敲しておきたいものです。どんなことでも気軽に御相談ください。

 

             
 

古閑 正直

就職活動は、「企業に貢献できる自分をアピールする」活動です。自己分析(自分を見つめ直す)と企業研究が早い人ほど、納得のいく道が見つかります。

  1. 自分はどんな人間か
  2. 自分は何をしてきて、何ができるのか
  3. 自分はこれから何がしたいのか

自分の進むべき道(方向)をしっかり考え、「悔いのない人生を!」。

 

             

福田 智子

真面目な学生の方ほど、特に頑張ったことがないと思い込んでいたり、
準備をしっかりやらないと相談にいけないと思っていたり、
一人で抱え込んでいたりなど、相談をためらう傾向が見受けられます。
初めての経験なので、うまくできなくて当たり前で、
すべてはそこから始まります。
気さくで話しやすい職員ばかりなので、
まずは気軽に立ち寄ってみて下さい。
そして、
内定はゴールではなくスタートです。
就職活動の目的は自分に合った内定先を得ることはもちろんですが、
就職活動を通して、社会人として生きていく力(スキル)を身に着ける期間だとも考えています。
相談では、書類添削や面接練習の他にも、
学生の個性に合わせて、より自分らしく活躍するために役立つこともお伝えしたいと思っています。
納得のいく就職活動となるように、一緒に歩を進めましょう!
【取得資格】
公益財団法人日本生産性本部認定キャリア・コンサルタント(2013年取得)
産業カウンセラー(2009年取得)


プリンタ出力用画面 友達に伝える


Powered by XOOPS Cube 2.0 © 2005-2006 The XOOPS Project
Copyright (C) 2009 Prefectural University of KUMAMOTO.All Rights Reserved.